注意して!春の土用の過ごし方

目次

春の土用がもうすぐ来ます

2021年4月17日がら春の土用入りです。

他の季節の土用についてはご覧ください。

土用ってなに ?

土用と体の関係について以下の記事で詳しく説明しています。

春の土用に起こりやすいことはこちらをお読みください。

そもそも土用とは?という方には、以下の記事をお読みください。

暦と東洋医学で体調面で気をつけることの簡単な説明です。

春の土用

あっという間に春の土用入りですね。

体調管理が難しくなるこの季節。

食生活を上手に工夫してこの季節から初夏を元気に過ごしましょう。

春土用は【い】の付く食べ物がいいと言われています。

いも・いちご・イカフライ・イカ焼き・伊勢海老食・板こんにゃくなどを

積極的に食すことはオススメです。

春はイライラしやすい時期でもあるのでリンク先を参考にしてください。

春の土用に避けたほうがよいこと

土用は土の掘り起こしや土いじりはしてはいけないと言われています。

春はお庭の手入れや家庭菜園に新しい食物・植物を植える時期です。

私が整形外科に勤めていた頃、毎年この時期にぎっくり腰でかかる40代前半のご婦人がいらっしゃいました。

聞けばお庭の雑草取りを2日続けてして動けなくなったとのこと。

「ぎっくり腰ではないけれど、去年も一昨年もこの時期にひどい腰痛になった」とご本人もわかっていらっしゃいました。

せめて土用の間日を意識して、2日連続ではやらないようにしていたら、40代前半位であればそこまでひどいことにはならなかったでしょう。

胃腸の症状以外で起こりえる春の土用の障害

この方のように体の痛みも起こりやすいです。

ぎっくり腰ではないが、ひどい腰痛になった、

朝起きたら首を寝違えていたなどの

体の痛みが出やすくなります。

春の土用に胃腸もたれを放っておくと

5月6月には気圧変動の激しい「梅雨」が来ます。ジトジト湿度が高く先ほどお伝えした脾が弱いタイプは湿度にも弱いので、体調不良が続く事になりかねません。

もしもこの時期を注意せずにすごしてしまうとどんな症状がでるかについては、

以下の記事をお読みください。

2021年の土用に変化を感じる!

ただ、近年の気候変動で暦と季節気温の関係が変化しています。

まして、2020年の冬は一日の気温変動が大きすぎました。

この気温変動がすでに季節の変わり目のような役を果たしていて、

常に自律神経の失調を訴える方が増えていますので、

土用の前から調子を崩されているケースが多くなっていました。

この土用の過ごし方を参考にして、暦の土用以外から日常生活を過ごしてみてはいかがでしょうか。

体がきつくて日常生活に不便を感じている場合、鍼灸で自律神経を調整することで体調が維持しやすくなります。

腰などの痛みも自律神経の失調で起こることがあり、自律神経の調整で改善されるケースが多くあります。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる