土用について【体調管理の時期】と【体調を崩しやすいタイプ】

土用について

土用といっても有名な初夏だけでなく、各季節にあるのをご存知ですか。

土用はそれぞれの季節の前にある18日間のことをいいます。

また、土用は真ん中を示します。東洋医学は季節などを体に当てはめて考えますが、人間の体に当てはめると真ん中はお腹(脾)です。次の季節に向けて体を慣らしていく準備の時期。この真ん中の時期に胃腸の休息が大切で、脾の働き(胃腸)を良くしておくと季節の変化に対応できると解釈するのです。

体調を崩しやすいタイプ

春の土用は、食中毒など胃腸を壊したり、疲れやすくだるくなりがちです。

花粉症の後の季節なので、アレルギー体質を深くしてしまいます。

体調を崩しやすいタイプは

「脾が弱い」タイプです。

脾の働きが悪いと臓気全体が弱って季節の変わり目に体調を壊しやすい理由とつながってきます。

目次

脾が弱い人

脾が弱い人の特徴

・物事を考えすぎて心配症になりやすい
・自分が他の人から危害を加えられているという気持ちが強い
・湿気の多い時期が苦手で、季節の変わり目に体調を崩しやすい           
・甘いものが好き
・肌は黄色っぽい
・下痢しやすかったり、便秘になったり繰り返す
・浮腫みやすい
・食後眠くなる
・腕や足がだるくなる
・朝起きるのが苦手

*あなたはいくつ当てはまりましたか?3つ当てはまれば脾が弱いと考えられます。

脾が弱い人が土用をうまく過ごすには

特に湿気の多い国土に住む日本人は、脾虚の人の割合が他の民族に比べて多いと言われ、

湿度の高い梅雨時などは身体がだるく感じるのです。


日頃からウォーキングなどで汗を出せる身体作りをしておくと、苦手な時期を乗り越えやすくなります。

土用の食養生

食べ過ぎ飲みすぎには気をつけてくださいね。腹八分目を心がけましょう!

食べる量が増えていて、少し時間が経つとおなかがさほど空いてもいないのに何か物をお腹に入れたいときは要注意です。

食べ物も飲み物も、温かい物を召し上がってくださいね。

氷をいれた飲み物を一気に飲み干すなんてもってのほかと覚えていてください。

そして、背中が張ってくることもあります。

胃腸薬を飲んでもスッキリしない時は食事を抜く、

食事を抜くことが出来なければ、

食事の間隔を8時間程あけてみましょう。

簡単で早くスッキリします。

体以外で、心がけるといこよと

土用の期間は土を掘り起こしてはいけないとされ、土いじりというのが要注意と言われています。

というのも土用の期間は土を司る【土公神(どくじん)】の神様が地上に降り立ってきて土というものを支配していると言われている期間になのです。

土用の期間は基礎工事を避ける建築会社さんが非常に多く、

それぐらい非常に大切にされている風習です。


土用の期間中に間日(まび)と呼ばれている【土公神】が天に帰って下さって土をいじっていいよという日がありますのでその日を選んでやってみましょう。

土用をあまり恐れずに土いじりがダメと言っても、

それなら間日の日にすればいいし、その期間に合った食べ物を是非積極的に取ることで、

土用というものに対してあまり恐れる気持ちなく、

次の季節を心も体も柔軟に迎える気持ちでお過ごしください。 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる