施術者紹介

にのみやひろこ

鍼灸マッサージ師国家資格取得

幅広い年齢層の治療に携わるを目標に掲げて、医療・治療分野に従事
 ・整形外科勤務
 ・鍼灸院研修で古典鍼灸を実践
 ・訪問医療鍼灸マッサージにて
  高齢者の脳梗塞後遺症や高次機能障害、加齢による変形性疾患治療
 ・東洋医学クリニックにて
  難治性疾患、皮膚科・耳鼻科・婦人科・内科・整形外科・小児科治療
 ・大手スポーツジムにて身体を痛めず筋力アップ
  「美しい姿勢づくりの体幹トレーニング」
  「美姿勢ウォーキング」のプログラムレッスン講師等

治療効果を追究しながら臨床を積み2019年【にのみや鍼灸室】を開業

胃腸が弱く、中学生のころからの冷え性体質。
実は私自身鍼やお灸マッサージの刺激に弱いことが、「ささない鍼」を修練するきっかけです。
1970年代生まれのゆらぎ世代だからこそ、同じ悩みを持つ女性のための鍼灸室を作りました。
毎日の自己治療で ”今までで体調は一番調子良い” 状態を更新中!

-略歴-
シンクタンク在職中に手術を受けたことから体調を崩し退職。

医薬品開発支援会社に再就職。転勤を伴う部署異動を経験するなかで体調管理の必要性を実感し、東洋医学(漢方薬・鍼灸)の力を借りて激務をこなす。

根本的な改善ではない西洋薬の対処療法と薬を飲み続けなければならないジレンマを拭いきれずにいたところ、家族ががんに。私にできることはないかと考え、体調を良い方向へ導いてくれた鍼灸の道へ進むことを決意。

あわせて読みたい
鍼灸との「出会い」と「想い」 要手術と言われたアキレス腱の痛みが鍼灸治療で… 私の鍼灸体験は中学生に遡ります。 部活動でアキレス腱を痛めて歩くこともままならなくなってしまい、痛み止めの注射や...