”胃のもたれ””食べ過ぎ””飲みすぎ”になりやすい時期をご存じですか?

”胃のもたれ”になりやすいつらい時期

そういえばいつもこの季節になると胃がもたれやすかったり痛んだり、食べ過ぎ飲み過ぎのような症状が出やすかったなと

思い当たることはありませんか?

調剤薬局で「去年もこの時期に胃の薬が処方されていますね」なんて言われたことがあった!

自分ではすっかり忘れてしまっているものです。

多くの人が胃もたれを感じやすい時期があります。

それは、土用です。

目次

土用とは

土用といえば、「土用の丑の日」=「ウナギを食べる日」が思い浮かびますが、そもそも土用をご存じですか?

からだの面から簡単に説明すると、

季節の変わり目に体が次の季節へと平穏に対応していけるように設けられた移行期間です。

年に立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間あります。

2021年は
冬土用:1月17日~2月2日 
春土用:4月17日~5月4日 
夏土用:7月19日~8月6日 
秋土用:10月20日~11月6日

最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といい節分といいます。

土用に食べる量を減らすなどで消化の働きに力を使うことを減らし胃腸を労わると、
その分の力で次の季節にカラダが順応しやすくなります。
だから、できるだけ土用の時期は平素より食べることに気をつけたいものです。

しかし、
胃腸の調子が狂うのでいつもよい食べ過ぎたり、
飲みすぎたりしてしまうのが土用

胃腸の調子を見だしたまま過ごすとどうなるのかお伝えします。

”食べ過ぎ””飲みすぎ”たりで”胃のもたれ”そのまま放っておくとどうなるか

そのまま過ごすと水分代謝機能の低下につながってしまいます。
土用の場合、
進んでいくと身体に痰飲(体の中の余分な水分がたまってできる痰)が粘性になります。
そして、粘っこいのですぐに除くことができずに次第に熱を持っていきます。

これを湿熱といいます。

過食、

辛いもの、

甘いもの、

脂っこいもの、

肉のとりすぎ、

お酒の飲みすぎなど美食、

を続けると湿熱を招きやすくなります。

湿熱の症状

病理産物の一つです。

余分なものなので溜めないことがなによりですが、溜まってしまった場合の主な症状をあげます。

・口内炎になりやすい

・身体や頭が重だるい

・口臭や体臭が強め、口が苦い

・顔が油っぽくなる

・便がすっきりと出ない。流しても便器に便の跡がついている

・むくみやすい、太ってくる

・舌の色は赤く黄色の苔が多くてネバネバしている

・生理の量が多く鮮血、生理前に灼熱感

・黄色のネバネバしたおりものが多い

湿熱を取り除く作用のある食材とは

からだに籠った熱を冷まし(清熱)、体内の余分な湿を排出させる(利湿)食材をとるようにしましょう。

はと麦、

豆類(小豆など)、

トウモロコシ、

山芋、

あさり、

しじみ、

キュウリ、

昆布、

わかめ、

冬瓜などです。

たとえば、こんなメニューを!

春の旬生わかめとキュウリの酢の物

サラダにマメやトウモロコシ、はと麦を使うのはいかがでしょうか?

黒豆あずき茶は、
美容やアンチエイジング効果もあります。
味もおいしくいただけて、水分の代謝を促すのでおススメです。

それでも『食べ過ぎが気になる』『胃腸がもたれる』時には

消化のよいものだけを食す

食事の回数と量を減らす

一番効果が感じられるのは

しばらく食事を抜くことです。

おなかがすいて〈グーグー〉なるくらいまで抜いた後、一気喰いしないようにも気をつけてくださいね。

”食べ過ぎ””胃のもたれ””飲み過ぎ”は痛みをも引き起こす!

土用は次の季節に体を慣らしていく期間なので、うまく付き合うことで一年中快適に過ごせるチャンスなのです。

が、迂闊に過ごしてしまうとこのように症状が変わっていってしまうのです。

このことを病の伝変(やまいのでんぺん)と言います。

次にどういう症状になるかが予測されるわけです。

*病の伝変は、季節や体質、既往歴や現病歴など鑑みます。

人によってイライラと湿熱が結びついてしまうと戻りにくくなるだけではなく、
また次の症状に派生していきます。
(様々なパターンがあります)

肩の痛みやこり、腰のこりや痛みにつながることケースも少なくありません。どうぞ覚えておいてくださいね。

このような痛みは、ご自身で避けることができますよ。

というか、”食べ過ぎ””飲み過ぎ””胃のもたれ”を改善しなければ、取りにくい痛みといえます。

胃腸の調子が戻りにくいときには鍼灸で調整して

次の季節に先回りして備えながら、回復を促していく施術が有効です。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる