女性ホルモンの働きが切り替わる「更年期」の悩みに

鍼灸が一石を投じます。

40歳を過ぎた女性に特徴的な症状とは?


若い人は「原因のわかる症状」=急性が多いですが、
40代以降は具体的な症状よりも「なんとなく不調」、つまり慢性が断然増えます。

さらに、自覚している症状と根本的な原因が違うことが少なくありません。


たとえば肩こり。

肩回りの血行不良や筋肉のこりが原因とは限らず、

右肩の痛みは肝臓、左肩の痛みは膵臓が原因である場合もあります。

そのときは揉んだり動かしたりするだけでは解消しませんので、

内臓の機能回復の施術が必要になるのです。
※症状の原因や状態には個人差があります。特定の原因によるものではありません。

こんな悩みはありませんか?

  • 病院で「異常なし」と言われたけれど体調が悪い
  • 塩分摂取量が多いわけではないのに血圧が高く、薬を飲むことになった
  • 首や肩・腰背中が痛い・凝っている



  • 睡眠剤を飲むほどではないけれど、夜眠れない
  • なんとなく胃腸の調子が悪い・痛みはないがいつももたれる。胃薬を飲んでもすっきりしない
  • 頭痛があり、痛み止めが手離せない
  • 気圧・天候で悪化する



  • 目の乾燥や痛み、老眼や疲れ
  • 物が見にくい
  • 眉間のしわが深くなった
  • あごの噛みしめ・かみ合わせが気になる
  • フェイスラインのたるみ

  • 尿モレが時々ある
  • ストレスを感じる・イライラするが多い
  • ストレスに弱くなった



  • 気候や温度の変化についていけない
  • 季節の変わり目に体調がつらくなる
  • おなかやおしりが冷たい
  • 汗をすぐにかいてひかない
  • 疲れやすい
  • お尻や太ももの裏、ふくらはぎ、足首や足の甲が痛い
  • 足・足の先がすごく冷たい
  • 足がしびれる、坐骨神経痛と言われた

女性特有の「なんだか調子が悪い」に鍼灸治療が効く理由


鍼には自律神経を整える効果があり、心身ともにリラックスした状態になるのが特徴です。

すると新陳代謝が上がって自己治癒力が高まり、不調の改善につながります。

さらに血行がよくなり全身に血と気が行きわたり、

万病の元と言われる冷えも改善され、病気の予防も期待できます。


40代・50代以上の場合、

体内機能が全体的に低下して慢性的な不調を招いているケースが少なくありません。

 

鍼治療は人が本来持っている体の機能を底上げしてくれるため、

「なんとなく調子が悪い」

「いつもだるい」

と感じている方に適した方法です。

 

特に、

女性ホルモンの働きが切り替わる「更年期」の悩みに

一石を投じてくれる可能性があります。

体の調子で気になることは、

どうぞお気軽にお尋ねください。

症状を長引かせず是非ご来院ください。