こんな人は梅雨から夏、要注意!

目次

こんな人は梅雨に注意

カラダに余分な水分が溜まっている人は、

体の中でその水分があちこちで悪さをすると考えられます。

余分な水分は「水の飲み過ぎ」が原因と想像するでしょう。

しかし、それだけではないのです。

実は、外からの影響もカラダに余分な水がたまる原因になるのです。

そのひとつが「雨による湿気」です。

梅雨は湿度が高く長く続くので、長雨による“湿気”の影響で不調を多く招きます。

あわせて読みたい
体の中が水浸し?その水とは何か知っていますか むくみって何?浮腫む原因はいろいろありますが、簡潔に分類してむくみの原因の「体の中は水浸し」のうち水について詳しく書いていきます。 梅雨の季節で決まって痛みが...

梅雨が終わっても注意が必要

長雨が続く梅雨や、多湿の夏、台風の多い残暑の頃は要注意。

過剰な湿気が続くため、特に症状が出やすくなります。

日本は、小さな島国で四方八方を海に囲まれているため、湿気が多い国土です。

特に梅雨時期から晩夏にかけてがジメジメしますが、

実は季節に限ったことではなくて、

年中私たちは湿気にさらされやすい環境で生活しているのです。

東洋医学ではこれを気象病そして、日本人の体質を湿を帯びやすい体質と捉えています。

水はけが悪いと体は冷える

体の水はけが悪いと、水がたまり、
水滞を引き起こします。

水の巡りが滞り体に溜め込んでしまうと一変、不調を引き起こす原因となってしまうことがあります。この不調の状態のことを東洋医学では「水滞」と言います。

「水滞」とは読んで字のごとく、水分代謝が悪く、水の排出が停滞している状態のことです。

本来血で満たせるところに水が入って溜め込み、冷え込むことになるのです。

水はけが悪いと体は冷えるのです。

水はけが悪くて冷えているのに冷えていない?
勘違いチェックしてみましょう!

水はけが悪いところにさらにあることが加わると、体は知らず知らずのうちに冷えていきます。ひょっとしたらその冷えに気づかずに私の体は熱で暑いんだと勘違いしている人がいるかもしれません。

まずは、冷えているのに冷えていない?勘違いしているかもチェックしてみましょう。

上半身に多く汗をかく

常に汗ばんでい・肌がジトジト湿っている

足が冷たい

お腹を触ると冷たい

お尻を触ると冷たい・ひんやりする

生理痛がある腰が重い・痛い

肩こりがある

頭・額・耳の周りに汗をかく

頭が熱い・頭痛がある

肩から上に滝のような汗をかいたり、常に汗ばんでいる人が多いです。

衣服が常に湿っているのが当たり前な状態だったりします。

ジメジメしているときはひんやりしていて、

汗冷えしている場合が多く、気虚タイプの人によく見られます。

しかし、自分が冷えているのに冷えていないと勘違いしていると症状としてでてきます。冷えが進むと気虚は陽虚に進行します。


足やお腹、腰が痛んだり、

特に生理痛や更年期の不調がある人は確認でお尻を触ってみてください。


冷たくはありませんか?

「お尻は冷たいところだと思っていました!」

という人はかなり大勢います。

大抵そういう人は下腹部、お腹や足も冷たいのですが、

「いつものことだ」と思い込んでいて、

自分は冷えていると意識されていませんから、

体は痛みとして

足の痛み・下腹部の痛み・腰痛、生理痛や更年期の

症状として様々な症状を呈してきます。

熱中症対策で水分を摂ることで

夏は暑熱により、気虚と津液の損傷を起こします。
ので、水分をたくさん飲んでしまいます。
夏の暑さは胃腸を弱らせ、体力を消耗させますね。暑さに弱いため倦怠感や食欲不振、また軟便や下痢を伴ったりします。

夏でなくても、食後にだるくて眠くなるような方、老人や胃腸の弱い方は水分を飲むのはきついのです。

熱中症を避けるために水分を摂るようにといわれます。

水分を摂ることは必要なのですが、

誰でも同じように飲めば良いという物ではありません。

多量に水分を採ったが故に水浸しを増長してしまい、夏バテしてしまうのです。

こむら返りを防ぐために水分摂取で対策

夏は夜中に寝ていて足が吊りやすくなります。

それを防ぐためにも水分を摂る必要があり、

昼間たくさん飲んでくださいと促される人もいらっしゃるでしょう。

体を冷やすもう一つの要因

汗をかかないように活動量が減り、エアコンで室温調整していると体は冷えてしまいます。

この状態で、エアコンの効いた室内に入っているとすっかり体は冷えてしまい、巡りは悪くなるのです。

クーラーでの室温調整


クーラーで室温管理して、汗をかかないようにしますが、

汗をかく練習を怠ると汗腺が萎縮して働かなくなってしまうので

むくみが起こりやすくなるだけでなく、


汗を出したり、汗腺を締めて汗をかかないようにしたりする自力の体温調整機能が低下するのです。


皮膚や汗腺は自律神経が司っているので自律神経の乱れにも繋げてしまうわけです。


悪循環の始まりです。

明らかな水分過多による悪影響

“過剰な湿気は胃腸を弱らせる”と考えられています。

東洋医学では「胃腸(脾)は乾燥を好み、湿気を嫌う」と言います。

湿気の多い梅雨や夏に、食欲不振や消化不良が多くなるのはこのためなのです。

さらに、脱水が良くないからと水分をたくさんとることにより、

水浸しになって悪影響が出ている方が多いように感じます。

ここで言う水分には飲み物の他、
アイスクリーム等の氷菓子系を含みます。
夏野菜や果物でも水分の多い物がありますが、ここでは別とします。

この飲み物やアイスクリーム、氷菓子を必要量以上に摂取していると

夏バテしやすいのです。

食欲不振や下痢(便が緩い)、ぐったりした疲れが
晩夏あたりに出てきます。

明らかな水分過多です。

近年この夏バテ・食欲不振または軟便・下痢を訴える人がとても増えました。

以前は、もともと胃腸が弱い人や毎年夏が苦手だったのが、

普段スポーツをしているけれど、ストレスが多くなったとか、

座っている時間が長くなったとか

生活環境が変わった人たちに増えているようです。

年代でいうと若くなっています。30代~40代の人に増えています。

性別では、以前は女性だったのが、男性でも起こっています。

そして、もう一つするといいこと

水分代謝を上げるためにもう一ついいことがあります。

クーラーで冷えた体に大切なことでもあります。

体の巡りを促すためにも暖めてあげてください。

お腹を腹巻きで温めるのも良いですし、

足を足湯であたためたり、

靴下や長ズボン、

レッグウォーマーで覆ってあげても暖かくなります。

温かい飲み物や食事も
内臓から暖まりほっとする
ことも出来ます。

暑い時期は、シャワーで汗を流してさっぱりするだけの人が多いかもしれませんが、ぜひ湯船に浸かりましょう!

体が温かくなると、余分な皮膚の汗腺の水分が抜けて(汗)

滝のような汗がなくなるとともに、

汗の乾きが良くなります

これは、汗の乾きが良くなるとは気虚で体を温める力がないところを補うことになります。

汗が収りますので、気化熱で体温を奪うことが減り、余計な冷えを防ぐことにつながるのです。

なので、相互作用で暖かくなり、疲れにくくもなるのです。

追記 ほかの風土病

比較のために例を挙げると風土病はほかにこんなものがあります。

大陸の乾燥して風が強い場所は、「燥邪」

陸地で一年中気温が低いところは「寒邪」の

影響の病が多くなります。

詳しくは別の機会にまた。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる