HP更新中

自律神経・ホルモンバランスの【鍼とお灸】しっかり置鍼

自律神経・ホルモンバランスを整える鍼と灸

女性は月のリズムを司るホルモンの変化で肉体面、感情面は一定を保ちにくくなります。

その繊細な変化に季節や社会環境、精神的ストレスが加わると

自律神経のバランス調整が自力で働きにくくなります。

鍼とお灸を使うことで、より自律神経の副交感神経を働かせてゆったりするとともに

体内の副交感神経が優位になると働く機能を導きます。

この機能を自然治癒力や免疫力と言います。

全身の気を整える自然治癒力を高めることは、治癒を助けるだけでなく、

これから体調や環境の変化に備える力になり、

東洋医学ではこれを「未病治」といいます。

 

特徴

鍼をさして時間を置くことを置鍼といいます。

東洋医学では全身の気が巡るのにかかる時間があり、

その時間置鍼します。

置鍼中にゆったりと気が巡ることで副交感神経が優位になる条件の一つです。

同時に、ツボの配穴(組合せ)や鍼の手技を加えて

 

自律神経のバランス調整

ホルモンバランス調整

 

を行っていきます。

 

様々な症状に対して局所治療や対症療法をするのではなく、

全身の気の流れを調えて

すみずみまで気を巡らせて

自然治癒力を高めるという方針で行っています。

 

施術内容

  • 脈をみます
  • お腹を触り痛みの確認をします
  • 鍼をしてお時間を置いていきます(置鍼といいます)
    背中のツボに鍼をさしている
  • 置鍼中に冷えている部位などにお灸をします
  • ゆっくりとお休みください
  • 仰向け、うつ伏せなど体の向きをかえて行います

鍼やお灸を使って体に刺激をあたえ、

自律神経のバランスを整え、

自己免疫力を高める全身調整です。

 

詳しくは施術の流れ」をご覧下さい。

 

鍼が初めての方、刺されるのが不安な方、怖い方など「ささない鍼」もございます。
心配な方はどうぞご相談ください。

 

 

初回 90分 10,000円 初検料2,000円別 

継続の方別途回数券料金あり