感染症対策実施しています

安心してご利用ください

お知らせ

体の不調・痛みで困っているあなたへ

こんなお悩みありませんか?

  • 病院で「異常なし」と言われたけれど体調が悪い
  • 頭痛があり、痛み止めが手離せない
  • 塩分摂取量が多いわけではないのに血圧が高く、薬を飲むことになった
西洋薬カプセルと錠剤の写真
  • 睡眠剤を飲むほどではないけれど、夜眠れない
  • なんとなく胃腸の調子が悪い・痛みはないがいつももたれる。胃薬を飲んでもすっきりしない
  • 首や肩・腰背中が痛い・凝っている
  • 気圧・天候で悪化する
  • 気候や温度の変化についていけない
  • 季節の変わり目に体調がつらくなる
  • ストレスを感じる・イライラするが多い
  • ストレスに弱くなった
  • 汗をすぐにかいてひかない
  • 疲れやすい
  • 目の乾燥や痛み、老眼や疲れ
  • 物が見にくい
  • 眉間のしわが深くなった
  • あごの噛みしめ・かみ合わせが気になる
  • フェイスラインのたるみ
  • 尿モレがある
  • おなかやおしりが冷たい
  • 腰が痛い
  • お尻や太ももの裏、ふくらはぎ、足首や足の甲が痛い
  • 体が冷える
  • 足・足の先がすごく冷たい
  • 足がしびれる、坐骨神経痛と言われた

これらの悩みを放っておくと、始めはひとつだったけれどあれもこれも当てはまるようになります。

そして、ごまかしながら生活をしていくうちに、いつから悪くなったのかわからなくなる位長く抱えていくことになります。

40歳を過ぎた女性に特徴的な症状とは?

若い人は「原因のわかる症状」=急性が多いですが、
40歳を過ぎると女性は具体的な症状よりも
断然「慢性の不調」が増えます。

さらに、自覚している症状と根本的な原因が違うことが少なくありません。

たとえば肩こり。

肩回りの血行不良や筋肉のこりが原因とは限らず、

根本の原因が右肩の痛みは肝臓、左肩の痛みは膵臓といった内臓にある場合もあります。

40代・50代以上の場合、体内機能が全体的に低下して慢性的な不調を招いているケースが少なくないのです。

そのときは揉んだり動かしたりするだけでは解消せず、何度も繰り返す、痛い時と痛くない時があるなど特有の病状を呈します。

その場合は、内臓の機能回復の施術が必要になるのです。
※症状の原因や状態には個人差があります。特定の原因によるものではありません。

女性特有の「慢性の不調」に鍼灸治療が効く理由

鍼灸治療は人が本来持っている体の機能を底上げしてくれるため、

「なんとなく調子が悪い」

「いつもだるい」

と感じている方に適しています。

鍼灸には自律神経を整える効果があり、心身ともにリラックスした状態になるのが特徴です。

すると新陳代謝が上がって自己治癒力が高まり、不調の改善につながります。

さらに血行がよくなり全身に血と気が行きわたり、

万病の元と言われる冷えも改善され、病気の予防=未病治に導きます。

慢性のこんな症状には鍼灸をお試しください

薬で改善されない症状

  • 薬が効かなかった
  • 胃が荒れたり、副作用で薬が飲めない
  • 西洋薬は飲みたくない

様々な痛み

  • 夜中に起こる眠れないうずいたりきりきりとした痛み
  • 首肩背中の凝りから生じて繰り返して起こる頭痛
  • 季節の変わり目に起こる痛み
  • 忙しくなると起こるぎっくり腰
  • 膝が痛い

精神的なストレス・不眠

  • イライラする。理由がなくても家族や身近な人に当たってしまう
  • 気持ちが落ち着かない
  • 自分はダメだとせめてしまう
  • 不眠・眠りが浅い、途中で目が覚める
赤ちゃんを前に泣く女性

と悩んでいたら、鍼灸を受けてみてください。

鍼を患部に刺したり、関連する経絡のツボを使って筋肉の緊張を緩めます。

緊張が強くありストレスが強い場合、ストレス緩和とストレスの耐性をつけるツボを組み合わせていきます。

「自律神経の乱れ」「更年期の不定愁訴」の悩みに鍼灸が一石を投じます

女性ホルモンの働きが切替わる「更年期」

女性の閉経年齢は平均50歳前後でその前後が「更年期」です。

この年代で女性ホルモンが切り替わっていくのですが、「様々な不調」「症状」が表れやすくなります。

*早い方は、30代後半から始まっていることもあります。

「病院に行って検査しても悪いところは見当たらなく、治療してもらえない」

「更年期だから、ホルモン剤を飲んでいるが症状は思わしくない」

更年期の辛さや悩みは経験したことのない人にはわかってもらえず、
我慢して耐えなければならないと思っている女性が多いのはこのためかもしれません。

しかし、我慢しなければならないと耐えないでください。

鍼灸は【更年期のホルモンバランス】の悩みに適しています

東洋医学では女性は「7の倍数の年齢」で身体・体調が変わると考え方があります。

「腎気」が変化しだします。

ぴったり42歳から49歳、56歳に変わるという考えではなくて、その前後から「腎気」が変化しだします。

この「様々な不調」や「症状」が長く続いて悩んでいる女性のために

東洋医学的に鍼灸を施し、「腎気」を補っていきます。

そして、おひとりおひとりの体質を鑑別して「腎気」の他を調整します。

女性は女性ホルモンの働きが切り替わる西洋医学ではどうにもできなかった【更年期】の悩みに

一石を投じてくれる可能性があります。症状を長引かせず是非ご来院ください。

【自律神経の乱れ】を整える鍼灸効果

鍼灸の施術は、自律神経(交感神経と副交感神経)の調整力をだす効果が認められています。

当室では、自律神経の効果を高める手技を用いることで乱れた自律神経を積極的に整えていきます。

内容は、おひとりおひとりの状態を見極めて鍼灸をしています。


体は例えそれが悪い状態でも元に戻ろうとする習性があります。

既に症状がおこっている方は、悪循環を断ち切って体に良い状態を定着させることが必要です。

良い状態を作っていくと少しくらいストレスなどがかかっても良い状態へ戻ってくれるのです。

体の調子で気になること、どうぞお気軽にお尋ねください。

患者様の声

にのみや鍼灸室の理念

東洋医学での『気の流れを整える』ことを大切にしてます。

『気の流れを整える』のに強い刺激は必要ないと考えております。
これは私自身の体験から得た教訓であり、鍼灸の恩師方からの教えに基づいています。
そして、「安全で効果のある施術」を患者様に提供することをかかげています。
施術は患者様のためにあるものというしごく当たり前の事に立ち返り理念として掲げました。
 その結果、お客様からの共感を数多くいただきまして”今”に至っております。
これに甘えること無く今後も変わらず、徹底した患者さま目線で
お客様の求めるもの・お困りごとにお応えしていけるよう取り組んで参ります。

ごあいさつ

はじめまして。にのみや鍼灸室
鍼灸マッサージ師 にのみや ひろこです。

鍼を受けてみたいけれど不安な方

過去に鍼灸治療を受けて痛い思いをした方

刺されることに抵抗のある方等は

是非『ささない鍼』をお試しください。

40代・50代からの女性の不調に寄り添い、
おひとりおひとりに合わせた”やさしい細やかな鍼灸の施術”
全身を整え、気持ちもリラックスできるように心がけています。
健康で美しい働く女性の土台作りをサポートしています。

アクセスは横浜市営地下鉄センター南駅から徒歩3分
女性が安心して受けていただける完全予約制の個室対応です。

あわせて読みたい
施術者紹介
施術者紹介にのみやひろこ鍼灸マッサージ師国家資格取得幅広い年齢層の治療に携わるを目標に掲げて、医療・治療分野に従事 ・整形外科勤務 ・鍼灸院研修で古典鍼灸を実践 ・訪...