その症状は自律神経の乱れかも

夏の間にエアコンで体を冷やしたり、外は高温で自律神経が乱れていたり、冷えが内在していたりで現代人は気を虐げています。するとお体の免疫力は落ちてしまいます。

快適に秋を過ごすためにも、自律神経の乱れを整えて自己免疫力を活性させましょう。

目次

自律神経の乱れで起こる症状

痛み

  • 夜中に起こる眠れない痛み
  • 繰り返して起こる頭痛
  • 雨の日や季節の変わり目に起こる痛み
  • ぎっくり腰になりそう・繰り返すぎっくり腰
  • 肩・頚・腰・膝など痛い
  • 頭痛

睡眠が満足でない

  • 朝起きられない
  • 眠れない
  • 眠りが浅い
  • 途中で目が覚める

精神的なストレス

  • イライラする。理由がなくても家族や身近な人に当たってしまう
  • 気持ちが落ち着かない
  • 突然胸がドキドキして苦しくなる
赤ちゃんを前に泣く女性

胃腸の症状

  • 胃がもたれる
  • お腹がすかないのに食欲はあり、食べてしまう
  • 便秘が続く
  • ガスがたまる
  • 便秘なのに緩くなったりする
  • すっきり便が出ない

自律神経の乱れがある方は季節の変わり目に体調を崩しやすく、冷えて痛み、凝りやしびれとなって現れます。

鍼とお灸が役に立つはずです。

自律神経は自力で調整している

本来人間は自律神経を自力で調整しています。

が、冒頭で触れたようにエアコンで温度変化が激しい時期や朝晩の気温差が大きい時期、急激に季節が変わるような気候で乱れます。

数日のうちに難なく順応できれば問題ありません。

自律神経の調整が苦手になっていませんか

さて、あなたは自力で自律神経の調整・順応ができていますか?

夜中に目が覚めてしまって、朝の目覚めが悪いなんてことがあったら、他の原因を疑いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる