湿度が高い時、水浸しの人にはこれがオススメ!

ハトムギは薏苡仁(ヨクイニン)と言う中薬で、

解毒作用や利尿作用があることから、古くからイボの民間薬として用いられてきました。

目次

ハトムギの帰経・性味・効能・禁忌

帰経:脾・肺・腎 

性味:甘淡/涼 

効能:利水 健脾 止瀉 清熱

脾虚湿困の食少泄瀉・水腫腹脹・脚気浮腫・小便不利・白帯などに適し
清利湿熱・排膿消腫により肺欝・腸欝に、清利湿熱・通利関節により湿痺拘攣に、それぞれ有効です。

甘・微寒で脾陰を滋補するので脾陰虚にも使用します

湿痺拘攣とは、体内の余分な水分が原因で起きた手足のしびれのことです。

つまり、


脾の働きをよくして、水分代謝をアップしてむくみをとります。

なので、湿度が高い時や体の中が水浸しの人にはオススメの食材です。


また、湿度が高いときだけでなく、

体の中の余分な熱をとり、排膿効果があるので、

吹き出物やシミなどの肌トラブル、呼吸器系の感染症にも効果的。

紫外線の強い時期や日に焼けた後も良いとされます。


もちろん、体の中の水分を出しやすいため、

また、慢性下痢、リウマチ、神経痛などの症状がある方にも。

胃腸の弱い人の水分補給に良いですね。

中国では、シミや美肌対策にハトムギの煎じ汁を飲むそうです。

妊娠初期は禁忌です。

ご飯を炊くときにお米に混ぜて炊いたり

ハトムギでお粥を作ったり、スープの具にしても。

ゆでるとプチプチ感が楽しいので、サラダにもおすすめです。

丸ごとのものは加熱に時間がかかるので、ひき割りタイプがおすすめ。

もっと手軽に毎日取り入れたい方はハトムギ茶もいいですね。

取り入れたもので体は出来ています。

体の中が水浸しの人はもちろん、

浮腫やいぼがない人も

湿度が高い時期や

紫外線が多くなる季節やアフターケア時期に

毎日、何回か意識的に変えてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる