花粉症のマスクの息苦しさ&暑苦しさはアロマスプレーで解決!

花粉症でくしゃみ鼻水が症状で現れる方はマスクをつけないと辛いですよね。
マスクってずっとつけていると、息苦しいし、暑苦しいし、ベタベタして気持ち悪くなってきませんか?

マスクを使うときに私は、マスクの外側から「シュッシュッ」とスプレーをかけています。

抗菌・ウイルス対策効果のある【ティートリー】と【ラベンダー】オイルをアルコールに混ぜたものです。この二つは肌につけても良いといわれるアロマオイルで清涼感があってスッキリしますよ。香りはすぐに飛んでしまいますが、効果は持続するのだそうです。
それに他の香りをプラスしてもいい香りですね。どんな気分でいたいかでプラスする香りを選ぶのも楽しくなります!

なにより、鍼灸師としてオススメするポイントがあります。
中医学の薬膳の面からみると

「スッキリした香りの食材は気を動かす作用」

「肝の強さを程よくする作用」(肝については話が長くなるので別に書きますね)があるからです。

どんなときに使うと良いかというと、

「ミント」は頭痛、眼が赤くなるとき
「グレープフルーツ」は気を動かしてスッキリさせるので、感冒予防や気持ちが鬱々とするとき

です。

これらなどは、入手しやすいアロマオイルですしね。

アロマオイルを炊くときに追加してみてもよいかもしれませんね。

*その日によっても求める匂いが違ったり、人それぞれ好みがあるので無理して使うことのないように。

嗅覚は五感のなかでも脳に直接作用すると言われる感覚で、認知症にも関係するとのこと。自宅でわざわざアロマが焚けない時、マスクからのわずかな匂いでも嗅げると一石二鳥!得した気分がもれなくついてきます(笑)

試してくださった方からは

「いつも感じていた不快感がなくなって、快適でした!!」

と報告を頂いています。

どうぞお試しください!!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる