【お灸】の温度は患者さんに合わせています

お灸のお話です。

お灸には種類がいくつかあり、直接肌にもぐさを立てて火をつけるタイプのお灸やもぐさが棒状になっていて、それを肌から離したところに固定して温度を感じさせるお灸などいろいろあります。

当院では通常、台座灸(台の上にもぐさが乗っていて、その代についてシールで体に固定させて燃焼する温度を浸透させるタイプ)を使用しています。

台座灸には、燃焼温度のタイプがいくつかあり、症状や状態によりタイプを変えて使用しています。

患者さんの症状と状態でのお灸の適温が決まります。

例えば、患者さんの寒邪が強い場合、散寒(寒邪を散らす)するためには、燃焼温度の熱いお灸を使います。(使いたいです)

しかし、
冷えが強い人や交感神経が高まっている人、お灸が怖い人は熱く感じてしまうでしょう。
そういう人には、やさしい熱さのお灸から使います。

台座灸の熱さは既に終わっているのに「まだ熱い」と感じることもあれば、「全く熱さを感じない」こともあります。

患者さんそれぞれでお灸の温度を変えています。慣れてきたら少しずつ試していきましょう。

お灸を据えるという場合のお灸はもぐさを手でひねるタイプを言います。


このお灸は、もぐさの種類や量、ひねる堅さor柔らかさ、浸透させる部位でひねりを加減します。

ので、いたずらしたときなどの罰として据えられるお灸は【熱いお灸】になります。

お灸は熱いという先入観はここから来ているのでしょうね。

すべてのお灸が熱いわけではありませんよ。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる