シェディングに悩む方の施術しています

シェディングにお悩みなら鍼灸と脳のキネシオロジーがオススメのイメージ

シェディングに悩む方の施術

当院では、シェディングに悩む方の施術をしています。

環境や状況や症状をお伺いしたのち、いくつかある対策を選んで、施術と並行します。

現在一番効果が高い組み合わせがわかってきました。

私自身がシェディングに悩んで、たどり着いた組み合わせです。実際の患者さんも改善しています。

私のシェディング症状についてはこちらを参考にお読みください。

鍼灸とキネシオロジーを併用して、解毒と脳脊髄液の循環改善、リンパ、酸素、スパイクタンパク(に反応が出ている人がほとんど)の調整を行います。

生活スタイルや環境、伝播を受ける頻度で、対策アイテムを取り入れると防御できます。

*仮に、コロナウイルスに感染しても軽快までの日数が短かったり、軽いといった声をいただいています。

キネシオロジーで体の反応を見ていきます。

術者はワクチン接種をしておりません。そこがまず楽だと言われています。

*ワクチン接種者から施術を受けている方は、近距離かつ素手で施術されている場合ご注意ください。

シェディング症状・辛さは人それぞれ

シェディングに悩む人が日を追う毎に増えてきています。

施術していて、接種回数が進むにつれて苦しむ方が、はっきりと増えてきたという感覚です。

シェディングを意識して施術して快方に向かうケースが多くなっています。

シェディングは症状も状態も人ぞれぞれです。

月日を追うごとに蓄積されていきますので、次第に辛さが増してきますし、
症状が襲ってくる間隔が短くなってきます。その日に受けたシェディングはその日のうちの解毒が肝心。早ければ早いほど快方に向かうのも違っています。

理由がわからない症状、これがシェディングなのだろうかとお悩みは【脳のキネシオロジー&キネシヒーリング】で問題を探り、鍼灸と合わせてキネシオロジーで解毒、排出等を促していくことで効果が出ています。

合わせて、私自身が行って効果があった対策をお伝えしています。

鍼灸で免疫力を上げ、シェディング対策することが最善です。

これらで「自分の体調が悪いと思っていたが、そうではないことが実感できて快適に過ごせるようになった」と喜ばれています。

シェディングはいつまで続く?

「自分の体調がおかしくなったのかと辛かったけれど、対策を知って今ではスッキリ過ごしています。」

と安心した毎日になります。

体調が回復した女性イメージ

しかし、ワクチンの接種回数が進んで、8月以降シェディングは本格化しています。共存していかなくてはなくならないでしょう。
詳しい状態をまずは教えてください。二人三脚であなたに合った快方に向かいましょう。

*「自律神経ケア鍼灸」または、「頚椎調整の鍼灸」と「脳のキネシオロジー」との組合わせで良い効果があります。
ワクチン未接種の場合と接種した方では、効果が出るまでに差があります。ワクチン接種された方は、ワクチン後遺症という方が良いのかもしれません。いずれにしても、早めに解毒を助けてあげることが肝心です。

なんだかわからない不調とシェディング

もしかしたら、シェディングをご存じない人もいるかもしれませんが、

なんだかわからない不調や痛みはシェディングであるかもしれません。

シェディングについて【みのり先生の診察室】で大阪肛門科診療所の副院長の佐々木みのり先生がまとめてくださっています。

シェディングとワクチン後遺症を明確に分別することはできないかもしれません。だれにでも起こりえることと考えて対策をすることが確実です。今一度検討してみることが大切です。

ご予約・お問合せはこちら

公式LINEからのご予約も可能です ボタンを押してお友達登録できます

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!