HP更新中

もしかして更年期?顔のほてりの意外な原因とは

年齢と共に、顔のほてりを感じることがあると思います。

急にのぼせたと思ったら次は寒気がしたりと、

羽織ものとが手放せない方も多いのではないでしょうか。

実は、ほてりの原因は「冷え」なんです。

 

本来、からだの中心であるお腹が暖かくて、

そこから遠くに熱が伝わり、

特に足が暖かくて、頭は冷えているのが

体の機能として正常なのです。

 

まさに「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」ですね!

 

それが、長年の足やおなかの冷えが続くと、

熱気球が上にのぼっていくように熱が上半身に留まってのぼせとなります。

例えば、

掃除機をかけはじめてしばらく経つと、

肩から上の特に首筋や頭に流れるような汗をかくことはないでしょうか。

汗をかくので自分は代謝が良いと思われる方も多いですが、

これこそがのぼせなのです。

この状態ですのでほおっておくと

“おでき”や“髪の毛が薄くなる”“高血圧”などにつながる可能性があるので早めに対処しましょう。

 

さて、のぼせの場合、

足やお腹に熱を下げると頭など上にかく汗を抑えることができます。

セルフケアでできることは、「お灸」です。

 

お腹の関元、足の照海、湧泉、腰の腎愈というツボを使い

お灸で温めると効果的!

寒い冬でも、少し動いただけで上半身から汗がぼとぼと垂れてしまう方の応急処置としては、

カイロでお腹や腰を温めることが一番簡単にできますよ。

カイロを貼るときは

低温火傷を避けるためと熱さの調節をするためにも、

皮膚に直につかないよう下着の上に張ってくださいね。

細かくは、個人の体質や、のぼせの原因を見極める必要があります。

 

お一人お一人で使うツボが変わってきます!

 

体はすべてつながっています。

不調の原因は、異常を感じる場所から離れたところにあるかもしれません。

当院では、問診や脈・お腹から体質や健康状態を読み取って、

体全体を見て治療方針を決めています。

体調の不調を感じたら、お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる